薪で焼いたステーキの何とも言えない美味しさ【フレンチレストラン「パッション」のステーキ】

【投稿】ひろこ様(32歳)
お店の所在地:東京都

私がお伝えしたい美味しいレストランは、東京都の代官山にあるフレンチレストラン「パッション」のステーキです。
このレストランは代官山のヒルサイドテラスの創業時からそこにある老舗レストランです。東急東横線の代官山駅から徒歩5分ほどです。
シェフは店の名前の「パッション氏」。2013年にフランスのオランド大統領が来日した際、勲章を授与されたフランス料理界最高のシェフの一人です。店には、安部首相も訪れるなど、ファンが多い店です。
とはいえ、そう聞くと非常に堅苦しそうな印象もありますが、店内は落ち着いた、フランスの山荘のくつろげるリビング風の内装で、隅に赤々と燃える暖炉があり、ゆったりとできる雰囲気です。またサービスも、変にお高くとまっていないで、フランクに話しかけても大丈夫なような感じで、それも含めて非常に居心地がいいです。
料理は本格的なフレンチですが、私がおススメしたいのは、その隅の暖炉の薪でじっくり焼いたステーキです。料理としては非常にシンプルで、上等な赤身の牛肉を、暖炉の薪で焼いただけなのですが、遠赤外線の威力なのか、薪の香ばしい香りがついているからなのか、非常にうまみが凝縮していて、めちゃくちゃおいしいです。ただし、薪で焼くので時間が結構かかるために、予約をしておいてその際にステーキのオーダーもしておいた方が、訪問に合わせて焼いておいてくれるのでベターです。
値段は・・・コースに入っていたので、何とも言えません。ただ、入っていない場合もあるので、その時には単品の注文になります。
実は私はこのパッションを訪問した時に、必ず注文する料理がもう一つあって、それは「フォアグラのソテー」です。これは薪で焼いたのかどうかわかりませんが、ステーキと同じくじっくりと焼いただけのフォアグラですが、これは私の人生の中での「マイ ベスト フォアグラ」です。フォアグラの深みと甘みがぎゅっと押しこめられたような味で、本当うに食べると至福のひと時を送れます。
このステーキとフォアグラだけを食べに、しばらくするとついつい予約をしてしまう店です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ