中華街で台湾素食【萬和樓】

【投稿】ジュジ様(33歳)
お店の所在地:神奈川県横浜市中区

何年か前から私はベジタリアンになったのですが、日本でベジタリアンとして生きていくとなりますと結構それはしんどいものです。最近はとてもいい加減になってきてしまったので、そんなに動物性のだしなどにもこだわらなくなってしまいましたが、ベジタリアンを志した最初は結構そうしたものもNGにしていました。

ですので、レストランなどもなるべくベジタリアンに対応しているお店を探すようになり、ウェブサイトで掲載されているベジタリアン協会推薦のお店へ行ってみたりすることが多くなりました。私の住んでいる神奈川県ですと、鎌倉なんかは割合そうしたお店が多く、あとはインドカレーのお店が主なホームベースになります。

そんな時に、たまたま中華街のほうへ行く用事があり、ベジタリアンに対応している中華はあるのかな?とネットで検索してみたところ、このお店がまず目に飛び込んできました。中華街で台湾素食が食べられるお店として紹介されています。

台湾はもともと、お坊さん達が不殺生を重んじている為、この素食(ベジタリアン)が庶民の間にも根付いていて普段は肉を食べる人も、健康を気にし、時々こうした素食を食べる機会があるようです。

ネットの紹介でも、このお店はとても家庭的で人懐っこい主人が印象的とあるように、行ってみると確かによくある中華街のお店というよりも、近所の食堂といった感じで料理するのは奥さんで給使をするのはご主人といった感じで営んでいるようでした。

私がベジのものを頼みたいというと、最初はご主人も少し戸惑った様子でした。店内にはノンベジの人、ベジの人の両方がいて、ベジのものをつくるときはノンベジのものは少し待ってもらうといったようで少し大変そうだったのでなんだか申し訳ない気にもなりましたが、混んでる時以外は問題ないとのことでした。

私もオーダーする際に、なるべく簡単に作れて食べられるものをと考えて、マージャー麺を頼みましたがそれがなかなかおいしくてたまに食べたくなる一品です。おすすめは一緒にライスを頼んで、余ったゴマダレを最後に、ご飯と一緒に食べると美味しいです。

場所は、中華街のシンボルでもある関帝廊の横にあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ